コンテンツ制作

売上につながるコンテンツを戦略に基づいて制作します

戦略的コンテンツの制作

お客様インタビューページの制作

ガイドコンテンツの制作

戦略的コンテンツの制作

戦略的コンテンツとは

コンテンツとは、情報の中身を指します。サイト内のテキスト、写真、イラスト、動画、図、表などすべてが含まれます。
戦略に基づいてコンテンツを制作する事により売上の拡大、ブランド価値の向上、顧客満足度のUPが見込まれます。

売上につながるコンテンツの種類としては、口コミ、レビュー、導入事例、商品紹介記事、戦略的コンテンツ、お客様インタビュー、ガイドコンテンツがあります。WEBコンテンツの基本的な役割としては、自分たちのネットショップはどのような価値を提供できるのかを、お客様にわかりやすくメッセージとして伝えます。

全ては戦略から

お客様が本当に知りたいと思っている情報を伝えるには「3C」(Customer=お客様、Company=自社、Competitor=競合他社)に照らし合わせ「お客様」と「商品」をつなぐ『ベネフィット(お客様にとっての価値)』と、「商品」と「競合他社」の違いをみせる『差別的優位点』、つまり「買う気にさせる」になるコンテンツで表現いたします。
弊社ではコンテンツを作る前に「3C」を何度も見直し、商品を「買う気にさせる」は何なのか、そしてお客様や競合を知り、誰のためどんな情報が必要見極めて戦略的コンテンツを企画いたします。

戦略をコンテンツに

戦略的コンテンツを制作するにあたって先ずは、3C分析による自社の差別的優位点・お客様のベネフィット・自社の価値を見つけ出し、それらを基に一気通貫表のフレームワークで情報構造の整理をして戦略的コンテンツ制作をいたします。

差別的優位点

お客様に選ばれるためには、競合他社との違いが無ければなりません。しかし、違っていれば良いというわけではなく、お客さまから見てその違いが「価値」と感じられなければ選ばれる理由にはなりません。

ベネフィット

商品を手にすることで得られる本来の利益」商品のメリットをいくら語っても、まずは、感情を高めてからでないと意味がありません。その感情を高めるものがベネフィットだということです。あらかじめ絞り込んだターゲット属性に対してベネフィットを訴求します。

自社の価値

3Cのフレームワークを使用し「他社に真似できない自社の価値」を探し、自社の強みを明確化します。

戦略的コンテンツ制作の流れ

3c戦略の策定を基に一気通貫表のフレームワークで情報構造の整理をしてコンテンツ制作をいたします。またコンテンツの実装後に効果測定、課題抽出をして、より良いコンテンツとして改善いたします。

お客様インタビューコンテンツ

お客様インタービューコンテンツとは

ネットショップでのお客様インタビューは最も重要なコンテンツの一つです。実際に商品を購入してくれたお客様にインタビューを行い、自社を選んだ理由や商品の感想を語ってもらいます。自分たちの口から商品の良さを語るのではなく、第三者としてお客様の声を届けたインタビューコンテンツの信頼性は大いに高まります。

インタビューコンテンツ制作の流れ

ガイドコンテンツ

ガイドコンテンツとは

お客様が訪問してから、欲しい商品を見つけるまでの流れをスムーズに導いてあげる為のコンテンツが「ガイドコンテンツ」になります。もし、お客様が最初にアクセスした画面が、興味のあるもの無いもの関係なく商品が無造作に並ぶページだった場合、欲しい商品までたどりつけず、そのまま他のサイトへ行ってしまう事もありますのでガイドコンテンツを作って、お客様をガイドしましょう。

ガイドコンテンツの効果

ガイドコンテンツをサイトに導入する事でお客様の「○×が欲しいな~」という漠然とした欲求から、「○×が欲しい!」と、より具体的な欲求の段階になってもらうことができます。「商品の基礎知識」→「ガイドコンテンツ」→「購入検討」→「購入」と、広域から徐々に範囲を絞り込んでいく流れで、それぞれの商品が比較しやすいナビゲーションを意識して、お客様が回遊しやすいサイト、欲しいものをみつけやすいサイトになります。

ガイドコンテンツ製作の流れ