フューチャーショップ CMSサーバー(VPS)オプション移行

フューチャーショップドメイン直下でWordPressが使えるCMSプランが新しくなりました。
CMSサーバー(VPS)オプション
旧プランから移行したいショップ様向けサービスプランです。

現状そのままブログを移行する場合

基本料金

5万円(税別)
データベースが壊れていないという前提で、基本はデフォルトテンプレートの状態で移行するご料金です。
カスタムテンプレートをご利用の場合、有効化してみてさらにカスタマイズが必要になる場合があります。その場合は、再度お見積りとなります。

基本的な移行内容手順例

まず、フューチャーショップさんからCMSサーバー(VPS)オプション用の新サーバーが準備され、そちらにデータ移行ができたら、新サーバーへの表示に切り替えるという流れになります。
移行中にブログが表示されなくなるということはありません。

1.旧サーバーバックアップ作業

  1. WordPress設定の記録
  2. WordPressプラグイン停止
  3. WordPressファイルバックアップ
  4. wp-confing.phpファイルを新データベース情報に書き換え
  5. WordPressデータベースバックアップ

2.新サーバーデータベース作業

新データベース作成し、各種情報を保存

  1. データベース名
  2. データベースユーザー名
  3. データベースパスワード
  4. データベースドメイン

3.新サーバー復元作業

  1. 新サーバーに旧サーバーWordPressフォルダアップロード
  2. 新サーバーに旧サーバーWordPressデータベースアップロード
  3. Search-Replace-DB-master
  4. 旧サーバーWordPress設定の記録を新サーバーWordPress管理画面にて復元
  5. 新サーバーWordPress管理画面にてプラグイン有効化

4.旧サーバーから新サーバー表示に切り替える作業

  1. 切り替え前に、hostsによる動作確認
  2. 切り替え
  3. 正常に表示されているか確認
  4. 微調整が必要な場合は行う(大幅に調整が必要な場合は、別途ご相談)

別途作業が必要になるケース(お見積もり)

  • ・ドメイン、フォルダが変わる場合(スクリプトで書き換え必要)
  • ・WordPressテーマを変更したい場合(CSSなど書き換え必要)
  • ・WordPressをフォルダにインストールして、ドメイントップで表示させている場合、書き換え必要
  • ・その他、フューチャーショップの機能と関連させている場合
  • ・テーマによっては、移行できない場合があるので、テーマ再適用が必要になる場合があります。
  • ・データベースが壊れているなどの場合、一括での移行ができない場合があります。

移行に必要な情報

新サーバー

  • CMSサーバー(VPS)オプションセットアップ情報(店舗url).txt

旧サーバー

CMS情報(「FutureShop2セットアップ情報.txt」もしくは、「Movable Type・WordPress利用オプションセットアップ情報(******).txt」 内の以下情報をおしらせください。)


・■ CMS用FTP ID・パスワード ■
—————————————————————————-
ホスト名 :cms**.future-shop.jp
ID :******
パスワード :******
—————————————————————————-


・■ データベース情報 ■
—————————————————————————-
データベースタイプ :MySQL
データベース名 :******
データベースユーザ名 :******
データベースパスワード :******
データベースサーバー :localhost
連携URL :http://******
—————————————————————————-


・WordPressの管理者権限のあるログイン情報


・フューチャーショップのログイン情報(デザイン構築、商品登録画面が見れる権限をお願いします。)


作業にあたっての社内管理体制

バックアップ

FTPアップロードする際は最新データをDLし、バックアップフォルダに保存、その後修整してアップします。そのため問題が起きてもバックアップファイルですぐに元に戻せます。
管理画面内、ミスをすると影響が大きいソースを触る場合は、ソースをローカルにバックアップしてから作業します。そのため問題が起きてもバックアップファイルですぐに元に戻せます。

ID・パスワードの取り扱い

2重の認証で保管しています。継続した作業のご依頼が無い場合は、作業完了後、速やかにログイン情報を破棄します。

ID・パスワードのやりとりの例

ご要望により、個人情報保護の契約書をかわします。その後、zipファイルなどに情報をパスワード付で圧縮いただきメールなどで送付いただきます。
解凍用パスワードは同じメールに記載せず、別のメールや、通信手段でで解答パスワードをお送りいただきます。

ミスの無い作業体制

一人の担当が同時に複数のショップ様の作業を行うことはありません。複数サイトを同時に作業してしまうと、違うサイトへの誤アップロードなどのリスクがあります。弊社では1サイトずつ完了させて、間違いの無いよう確実に作業させていただきます。

ご発注方法

上記内容のほうご確認いただき、基本移行後の作業が発生する可能性があることをご了承の上、お申込みください。
詳細については、お気軽にお問い合わせください。

移行実績

・トップページがWordPressのショップ様(基本料金5万円のみで追加作業無し)
・ブログ部分だけがWordPressのショップ様(基本料金5万円、PHP書換、文字コード変換の追加作業6万円が発生し、合計11万)
・上記混在しているショップ様(基本料金5万円、微調整4千円が必要だったため、合計5万4千円)
・商品ページ情報などにWordPressを使っているショップ様(基本料金5万円、個別のページで旧CMSサーバーのurlをしている箇所があったためショップ様ご自身にて修整 合計5万)
・複数のブログ移行をご依頼いただいたショップ様(基本料金5万円、移行後の修整はショップ様ご自身で実施 合計5万)
上記のように、サーバーのバージョンが変更になるため、ショップ様によって様々な修整点が発生する可能性があります。基本移行後に、ご相談ください。
2018年4月現在 6件の移行処理を行いました。

関連記事

旧CMSオプションから新CMSオプションへの切り替えは安全・確実に切り替え可能です。その仕組みをご説明します。
旧CMSプラン→新CMSプラン移行はショップを停止せず、通常通り運営しながら移行できます
「User-Agent-Switcher」アドオンを利用して新CMSサーバーでの表示を確認する方法