お客様インタビュー

今回のお客様は、ドレスシャツ専門店「ozie」の代表取締役社長である柳田氏とweb担当の山本氏に絞込み検索の導入についてお話を聞かせていただきました。

インタビュアー

かねひらイーシーパートナーズ/代表取締役社長
金平 健二
Kenji Kanehira

当店の弱点を払拭したかった

絞り込み検索機能を導入するまでの経緯をお聞かせください

導入の経緯ですが、実は前々から欲しい機能はある程度決まってたんですよね。お客様のニーズを広げる為に商品バリエーションが増えれば多くてわかりにくくなりがちで、当然サイズの欠品も出てきますよね。それで気にいったシャツを選べなくなるのは残念じゃないですか。キーワード入力検索なら当初からあるのですが、正直これだけでは使いにくいですよね。当店の場合はシャツのことがわかる人だけそれを使うって感じで・・逆に言うとシャツの事をまったく知らない人が当店で満足に買い物ができていないというのが弱点で、それを払拭したかったのが今回の機能追加の経緯ですね。
多品種小ロットでの商品バリエーションが当店の強みでもあったのですが、自分のサイズがなかった人から見ればある意味品揃えが悪いと思われていたんじゃないでしょうか。

具体的にどういった物が必要だったか詳しく教えていただけますか?

ワイシャツ、ドレスシャツといったビッグキーワードでは広すぎてもうシャツは買えないですよね。特に白シャツに至ってはサムネイル画像だけではほぼ選別できなくなってきていますし。商品を絞り込める必要性があると痛感していましたね。そしてお客様が自分で絞り込んでいってもっとシャツの事をたくさん知ってもらえたら・・カテゴリ内でガイドコンテンツ的な役割をしてくれる機能があればと思っていました。

実際の改善の詳細はこちら

絞込み検索機能導入による成果

適切な機能追加をする為の分析調査はいかがだったでしょうか?

調査で一番よくわかったのは、他店が当店ほどカテゴリ分けをしていなかったことですね。おかげで自分達がしっかりカテゴリ分けができているという確認と自信につながりましたし、カテゴリ内にそのまま検索機能をつけても大丈夫だという判断ができました。その他にも今後していきたいと思える事も見えてきましたしね。調査していただいてよかったと思っています。

ズバリお聞きします。絞込み検索機能導入の成果はあったでしょうか?

成果は十分ありましたよ(笑)まず、検索経由ページの価値が当店平均の2倍程になりましたね。そして検索する人が約2.5倍に増えました。絞り込んで購入しやすくなったという事じゃないでしょうか。さらに検索経由での離脱率も低くなった事もお伝えしておきましょう、だいたい5分の1程になりましたので、つまり検索した人はあまり離脱せず購入につながったのではと・・そう見ています。
結果、もっと多くの方に検索して絞り込んでもらえたら、まだまだ売上アップにつながるのではないでしょうか。

フューチャーショップの事なら安心してまかせられる

弊社とのやりとりの中での不都合さなどはあったりしましたか?

不都合なところは感じませんでしたよ。むしろ安心しておまかせしていたので(笑)かねひらイーシーさんはフューチャー専門なので、慣れている方と仕事するほうが話も早いです。お互いに負担が少なくてスムーズに進むと実感しました。今後もフューチャーのことで何か動きがある場合は是非お願いしたいですね。

絞込み検索機能導入しての今後の展開はどうでしょうか?

初心者の方などは絞込み検索を利用して、とりあえずご自分のサイズだけでもわかってもらえたら次回からはすぐ購入に移れると思っています。「初心者の方はこちら」みたいにして検索の使い方をわかりやすく」説明していきたいですね。それとシャツのことをよくわかっている方には詳細検索(こだわり検索)の方でシャツ選びをもっと楽しんでいただきたいと思いますね。今後の展開にも期待して下さい。

ozie様お忙しい中でのインタビューありがとうございました!

ドレスシャツ専門店ozie
https://www.ozie.co.jp/


「売上に貢献できる機能追加」のご説明はこちら >>>